足首の捻挫 治療
足首の捻挫は、多くの場合足の外くるぶしの付近に強い炎症がおこります。これは足首の捻挫のほとんどが内側に曲げることが多く、外くるぶしの辺りを過度に引き伸ばしてしまうからです。足首捻挫の痛みでお困りの方は、是非スパイラルテーピングお試しください。足首捻挫の再発防止にもご利用ください。
外くるぶしの中央を通って、足の裏から内くるぶしの下まで貼ります。これを基本テープとします。
テープは、スパイラテックスを5ミリにカットして使用してください。
足首の捻挫
基本のテープの左右に、テープを2本ずつ貼ります。それぞれのテープは内くるぶしの下で、基本のテープの終点と交わります。 足首の捻挫
縦5本のテープと交差するように、横に7本のテープを貼ります。 足首の捻挫
テープを貼ったまま入浴してもかまいません。また、テープが自然に切れたり、 はがれたりしたら、新しくテープを貼り直してください。
「捻挫」或いは「くじき」とは関節に関節の許容範囲を超えた動きが与えられた為におきる損傷の一つです。多くは患部に痛みと腫脹、熱感がおこります。一般用語として多用されていますが、医学用語としては「靭帯損傷」ということが多いです。