便秘
大腸を道路に例えるなら交通渋滞が起こるのが便秘、スピード違反を起こすのが下痢。どちらにしても腸を取り巻く筋肉のバランスが崩れた証。まずは写真のように左右どちらに歪みがあるか検査してください。ほとんどは、お腹の左側に圧痛(押したときに感じる痛み)が見られます。
おへそを中心に三横指分(人差し指、中指、薬指を揃えたときの横幅)外側の左右2点[a][b]と決めます。 便秘
[a][b]の2点からさらに三横指分下がったところの2点[c][d]が便秘のための検査ポイントです。 便秘
人指し指の指先で押して[c][d]どちらが痛いか検査してください。左側に痛みがでることがほとんどです。 便秘
幅4ミリ、長さ4〜5センチの2本のテープ準備。テープはスパイラテックスを使用します。まず痛かった左側[d]上に貼付します。もう1本はへそから右横[a]点まで貼付します。 便秘
検査で[c]が痛かった場合は、テープの貼り方を逆にしてください。 便秘
テープを貼ったまま入浴してもかまいません。また、テープが自然に切れたり、 はがれたりしたら、新しくテープを貼り直してください。