こむらがえり 原因
こむらがえりは、運動を中断し、休憩をとれば自然に治っていきます。しかし、症状は取れたように見えても、筋肉の疲労はそのまま残っています。放置しておくと、再びこむらがえりを起こす原因にもなります。こむらがえりの原因を知り、予防していくことも考えましょう。こむらがえりにお困りの方は、スパイラルテーピングを是非お試してください。
サインペンなどで、膝の裏の中央にある横ジワに沿って一本線を引きます。その線から2横指(人指し指と中指をそろえたときの横幅)分離れた上と下に、それぞれ平行線を引きます。つまり、膝裏に3本の平行線が引かれたことになります。 こむらがえり 原因
右足にこむら返りが起こったとき、一番上の線の外側の端にエクセルテープを貼ります。次に、一番下の線の内側の端にエクセルテープを貼ります。
左足の場合は、一番上の線の内側の端にエクセルテープを貼り、次に一番下の線の外側の端にエクセルテープを貼ります。
(完成図参照)
テープはエクセルテープ A・Bの使用が可能となります。
こむらがえり 原因
右足の最後に真ん中の線からかかとまでを結んだ線のほぼ中央(ふくらはぎのほぼ中央)の外側にもエクセルテープを貼ります。
左足の場合は真ん中の線からかかとまでを結んだ線のほぼ中央(ふくらはぎのほぼ中央)の内側にもエクセルテープを貼ります。
(完成図参照)
冷え性のある方はAタイプを使用してください。冷え性のない方はBタイプを使用してください。
こむらがえり 原因
こむらがえり 原因
テープを貼ったまま入浴してもかまいません。また、テープが自然に切れたり、 はがれたりしたら、新しくテープを貼り直してください。
筋の疲労、ウォーミングアップ不足などにより健康な人間の運動中に多く発生する「こむらがえり」。冷水中の水泳や、爪先立ちをしたときなどもおこります。ストレッチやテープによる、こむらがりの予防をおこなってください。