突き指 治療
突き指は、指先に強く物が当たるなどして腱や関節、骨などを痛める怪我の総称です。突き指をして間違った治療をするかたもいます。引っ張れば治ると思われている方も多いですが、引っ張ることにより脱臼や神経損傷など悪化することもあるので気をつけてください。
突き指でお困りの方はスパイラルテーピングを是非お試しください。
例えば左右の人差し指に損傷がある場合、まず、その第2関節を中心に、半螺旋を描くように、右上がりのテープを3本、3ミリほどの間隔で、平行に貼ります。
テープは、スパイラテックスを3ミリ幅にカットして使用します。

エクセルテープBタイプでも貼付できます。
突き指 治療
貼った3本のテープと交差するように、左上がりのテープを4本、3ミリ間隔で平行に貼ります。 突き指 治療
それぞれのテープは指を一周することはせず、指の側面の中央で止めてください。 突き指 治療
テープを貼ったまま入浴してもかまいません。また、テープが自然に切れたり、 はがれたりしたら、新しくテープを貼り直してください。
豆知識ですが、突き指というのは、正式な医学用語ではありません。そこには、重大な骨折をはじめ脱臼、軽い捻挫まで、さまざまな症状が含まれています。