肘の痛み(内側) ゴルフ肘
ゴルフ肘・テニス肘・野球肘などの肘は、ハードな練習を続けた結果、肘に痛みをおぼえることがあります。肘関節の外側か内側の一番飛び出したところに炎症が起こっているのです。
ここでは内側の肘の痛みについてのテーピングを紹介致します。
ゴルフ肘などの肘の痛みにお困りの方はスパイラルテーピングを是非お試しください。
外側の肘の痛みにお困りの方はこちら
内側に痛みがある場合、上腕に力こぶをつくるように肘を曲げます。そして、肩峰(肩の外側にふれる硬い骨)から上腕骨内側上顆まで結んだ線を引き(上腕軸)、写真のように4本側のエクセルテープが矢印の方向を向くように貼ります。手順1は左肘の場合です。
テープはエクセルテープ A・Bが使用可能です。
肘の痛み
右の場合も、内側に痛みがある場合、上腕に力こぶをつくるように肘を曲げます。そして、肩峰(肩の外側にふれる硬い骨)から上腕骨内側上顆まで結んだ線を引き(上腕軸)、写真のように4本側のエクセルテープが矢印の方向を向くように貼ります。 肘の痛み
テープを貼ったまま入浴してもかまいません。また、テープが自然に切れたり、 はがれたりしたら、新しくテープを貼り直してください。
豆知識ですが、ゴルフ肘は上腕骨上顆炎はいわゆる腱付着部症の一種で、上腕骨の内、上顆につく屈筋腱、伸筋腱の起始部に加わる引っ張り力による慢性のストレスが発症の原因といわれています。肘の痛みが残っている間は、スポーツを控えてください。