講習会 詳細情報
からだの支持力低下からの疼痛
臨床研究の集積から、より効果の高いテーピングが開発され続けております。最新の情報や、スパイラルテーピング療法のレベルアップ・高度なテクニックを得たい治療家の方にお薦めです。
スパイラルの田中
講習会名 からだの支持力低下からの疼痛
内 容 これまでに多くの検査法を見出し皆様方にご使用頂き、色々な症状を見極めることが出来ていると思います。この度は、からだの支持力に着目しました。従来は生体に外力が加わった時に、筋肉単位・ブロック単位と症状を分類してきました。今回は内部(骨幹)から外に働きがかかった力がどの方向に働くかを判定します。この部分を基準に前後・左右・上下方向の負荷の方向性が、どの部分との結び付きが強いかを分析した結果、方向性と判定に必要な部分との相関関係を解明する事ができました。個々の処置法を体験して頂きます。
場 所 福岡センタービル (10階 2号室)
日 時 2017年10月15日(日) 13:00 ~ 17:00
講 師 田中 信孝 氏
受講料 会員:16,200円      非会員:21,600円     学生会員:5,400円
持ち物 ・専門書
・スパイラルテープ
会場地図 http://www.nissoken.com/s-map/911-6.html
※ 注意事項
・ 講習会でのビデオ撮影はご遠慮ください。
・ 携帯電話はマナーモード及び電源のOFFにて受講ください。
・ お振込頂きました受講料は、原則として返金はしておりません。
講習会のお申し込みはコチラ
講師の紹介
田中 信孝氏

講師プロフィール

  • たなか のぶたか
  • 昭和26年 大阪府生まれ
  • 株式会社スパイラルの田中 代表取締役社長
  • スパイラル・テーピング協会 会長
  • 田中整骨院・田中鍼灸 院長 ( 大阪府大東市 )
昭和58年 関西鍼灸柔整専門学校講師 ( 昭和60年まで )
昭和60年 スパイラルテーピング療法 考案
平成 4年 スパイラル・テーピング協会発足、会長就任
平成10年 NATA(全米アスレチックトレーナーズ 協会)のプロバイダーとしてスパイラルテーピング療法が認定される。
 
平成14年 韓国・仁済大学物理治療学科 顧問教授就任
平成16年 デイサービス開業
自ら整骨院・鍼灸院院長を務めながら、毎週末は全国各地で講演活動を続け、スパイラルテーピング療法の普及活動を精力的に行なっている。講演内容はテーピング療法だけではなく、運動療法、通電療法など多彩であり、多くの治療家に取り入れられている。現在会員には内科、整形外科、ペインクリニックのドクターも在籍する。又、会員向け「インターネットTV勉強会」にてスパイラル療法の治療相談も行なっている。

著書

  • スパイラル・テーピング - 検査法からその実際まで -
  • スパイラル・バランス療法
  • スパイラル・テーピング - 機能的障害編 -
  • 田中式による 「 六部定位脈診法 」
  • ムック本 「 驚異のスパイラルテープ療法 」
  • ムック本 「 続 驚異のスパイラルテープ療法 」
  • ムック本 「 新 驚異のスパイラルテープ療法 」
  • ムック本 「 貼るだけ!スパイラルテープ 」
  • ムック本 「 スパイラルテープってすごい! 」
  • ムック本 「 スパイラル・テープ治療家用-入門編- 」
お問い合わせ先
ページのトップへ戻る